In Diary

雲南に矢田明子さんの取材(僕は完全なカメラマン)に出かけた。コミュニティナースという新しいコミュニケーションモデルを立ち上げ、雲南での活躍と実績が全国に知れ渡ってWIREDでも取り上げられ、シチズンで栄誉ある賞を受け、本を出し、事業も拡大しとまさに島根の中でも立派に有名人な方だけどお会いすると相変わらず気さくな感じで気取ることなど全くなく、等身大でむしろ余裕が伺えるという意味で素敵な方。それでも時折垣間見える言語化能力が非常に高くて刺激的だ。

こういうコミュニケーション能力というか人間力がそもそも高い人は天性なものだとも思うみたいなことを少し話した。あははと笑う笑顔がこれまた素敵で、多くの人が彼女の人間性に魅了されているんだろう。彼女についていく若い人たちは多いし、彼女と一緒に働きたいと思って移住してくるんだから本当にすごいこと。驚きつつでもやっぱり納得する。一体どんなことをしている方なのか興味ある人はぐぐってみて。ある媒体でこの日の様子がリリースされるのでまたお知らせします。

取材を終えて仕事パートナーとともにそのまま広島空港へ。ずっと関わっている企業のインタビュー動画撮影のため、東京は溜池山王に一泊。夜は彼のレコメンドで京急の青物横丁のバルへ行って美味しいものをたくさん食べた。島根の食材(浜田の鮮魚や弥栄のジビエなど)がこれでもかっていうテンションで調理されたタパスに感動。めちゃくちゃ美味しくてふたりで一体何品食べたんだろう。僕らは美味しいものに目が無いし、とにかく素晴らしくて今度ぜひまた行きたい。や、絶対に行く。お店の名前は『青横バル太郎’s』。シェフに彼は島根にも定期的に足を運び、生産者と土地をとても大事にしていることがよくわかって感激した。ホテルの部屋で溶けるように寝た。

朝ごはんは外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」へ行ってみた。今月のテーマはロシア。ベジっぽい感じがフィンランドやニュージーで食べたカフェプレートによく似ていて味も好み。店員の女性がいかにもな接客ではないところがむしろ今っぽい感じがした。最後のサラリーマン時代は外苑前によくいたけど10年も経つと景色が変わったような変わらないような。いや、自分が大きく変わったんだろう。

気分がよいそのままで現場へ。さくっとうまく終わったのでそのまま羽田空港へ。

仕事パートナーの彼と会うのも約2ヶ月ぶり。とにかくまあ県内で協業している案件が相変わらず多いし、もろもろ話題が尽きなくて移動も含めて10時間くらいほとんどノンストップでしゃべったと思う。そんなにしゃべり会える友人はなかなかいないよ。

 

Recent Posts