In Diary

今年最後のCiBOに出展した。いつもの場所ではなく、駅前のホテルの広場。9:00前にフライング気味の来場者さんが押し寄せていて、オープンと同時に決して大きくはない会場に溢れるように人が流れてくる。すごいなーCiBO。うちも相変わらず商品が一つ残らずすべて完売する。とても嬉しい。今回は野菜ブースが大盛況だった。おしゃれな野菜ブースはどこも華やかで見てて楽しい。

オープン前にバタバタでも朝礼は必ずやるし、終われば終礼で出展者ひとりひとりコメントをちゃんともらう。明らかに来場者の人たちはCiBOが好きで来ているし、買い物をするつもりで来ている。いいことをやればお客さんはきちんとお金を払うということを体現しているマーケットだと思う。これを毎月やってるんだから主催者のつかちゃんとふさこさんはすごい。出雲にとても喜ばれる新しい場所を作ったと胸を張って言えるんじゃないだろうか。

友人知人ともたくさん話せて超楽しかった。こういうのが楽しいからマーケットイベントは流行るんだよね。それを正しいカタチでやり続けるのは簡単なことではないのでCiBOはこのあたりではぶっちぎりで存在感があると思っている。「やってやろう」みたいな妙な気合いやエゴが全くないところも好きだ。

この時期の別れ際は「また来年よろしくね!」に切り替わる。ああ今年も終わるんだなとつくづく感じる。東京に行くんだよねーとか今年はどこの国にいくのーとか、またフリーペーパー作るのーとか声をかけてくれる人たちも多い。(部屋の一番目立つところに飾ってるよなんて言ってくれる人もいる。もちろん第2号も作る予定だ。)

ここの人たちと会うとしばらく島根から離れるのが少し寂しくなる。それがまたいい作用をもたらしてくれると信じることにしよう。そうして我が家は旅に出て、見たことのない地平線を追いかけるのだ。

今年もSunday Market CiBOに大変お世話になりました。どうもありがとう。

 

Recent Posts