In Diary

いくつかの撮影シーンを順調にこなし、クライアントと夕食をともにした。最近僕がお酒を9割断っていることに共感してくれてヘルシーな夜に。僕はノンアルとジンバックを一杯だけ。あとはサラダとかチキンくらいの軽い感じ。もう付き合いがなければお酒は多分やめられちゃいそう。ホテルのサウナと浴場を散々利用していて気分がめちゃくちゃいい。打ち上げでは先方の会社や事業のことなどたくさん語った。こちらが納品した制作物の評価がよいことを聞き、自信につながる。

早朝3時に起きて漁港のシーンを撮った。これにて石狩でのロケがいいかたちで無事に終わった。編集早くしたくなる撮れ高なので楽しみ。

翌朝クライアントと別れて単独行動時間が少しできたので小樽まで行って来た。

石狩湾に面した小さな港湾都市である小樽は、ガラス工芸、オルゴール、酒蔵などが有名でとにかく大正時代を感じさせる倉庫街のクラシックっぷりに目を奪われる。そりゃあレストランにリノベーションするよねーということで街は活気付いている。

時間がない中で行った目的はRONIN-Sというカメラがぶれない機材=ジンバルのテストショット(練習)をしたかったから。目指したのは小樽運河クルージングと青の洞窟クルージングの2本立て。船上からしっとりしたショットが撮れたので仕上がったらまたここで公開します。

お盆過ぎとはいえまだまだ観光客は多かった。僕が乗った次の運河クルージングは長蛇の列。2本とも待ったなしでしかも丁度のタイミングで出航があって超ラッキー。こういうアクティビティはすごいビジネスになっている。少々高くてもわざわざ目的あってきてるからみんなお金を使うことを惜しまないからね。

 

Recent Posts