In Diary

今年のお盆は昨年よりも蔵庭に来てくださる方が多い。帰省客の方が認知してくれたんだと思うし、台風の影響か、夏休みの調整なのか、帰省のタイミングがずれているのか、一体なんだろう。それでいてスタッフ確保も難しく、帰省している義妹にまで手伝ってもらいながらこなしている。とにかくまあ忙しくて大変だけど、もちろんこれはありがたいことだ。

蔵庭でSUKIMONOのワーカーエプロンのポップアップをやってます。映像作ったり、写真撮ったりといろいろとお手伝いをさせてもらいながら個人的にも注目しているプロダクト。うちの母や姉も妻がしているのを見て即買ってた。「身近な人がいい感じに使っている」というのが最強のプロモーションなんだよなあと思った。

こないだ福岡に行った時coleさんに「酒何飲んでる?」って聞かれて「ビール、ワイン、日本酒!」とそのまま答えたら「痛風になるよ」と言われて、お酒と健康についてどきっとした。こういう感覚がすっかり麻痺していたということ。今や病気のほとんどが生活習慣病だ。言われてみれば水を飲むように毎晩ビールを飲んでいたし、ワインもかなりの頻度でボトルをあけていた。寺田本家の日本酒が好きでこれまたよく飲む。

嗜好品を日常化しすぎればそれはリスクを伴うことにもなるわけだ。すっかり忘れるほど快楽を追ってしまっていたことに友人のアドバイスが気づかせてくれた。いや、ほんとお酒飲み過ぎ。。

結構僕は単純で、そういう気づきをもらうと「まるでなかったことのように」すっとシフトしてしまう。「お酒?あんまり飲まないね。」とケロッとしてしまう。ということでこの3週間ばかりで飲んだお酒は缶ビール3本程度。しかも付き合いで飲んだだけで家飲み=晩酌は全くしていない。あれほど好きだったワインも完全休暇。日本酒も同様に。人間って不思議なもので、意識するとまったく受付けなくなるものだ。今、お酒をのむことに抵抗を感じるほど意識が変わってしまった。

もちろんまだゼロにはしない。どうしてもそういう場と人間関係があって、そこはそこで「今日は嗜好品を味わおう」というときは美味しくいただこうと思う。そこの余力は少しだけ残しておく。

日々の晩酌をやめたら寝起きが違う!痩せた!集中力がアップした!とか色々ありそうだけど、まだそんな感覚はない。(あれ、ちょっと痩せた?と言ってくれた人はいた笑。)けれどこれだけ晩酌してた人が飲酒量9割以下になるんだから何らかの結果は出てくるのでは?と軽く期待してみる。

地方ロケが結構増えてきて、ちょっとカラダの変化も感じている。まさにカラダが資本で健康に気遣う年齢にもなってきたし、ちょうどいいタイミングかもしれないよね。

 

Recent Posts