In Diary

息子と丸一日遊ぶことに集中した。週末に自治会のふれあい行事があって参加。我が家が所属するこの自治会に子供は息子以外ひとりもいない。

自治会の行事が終わってすぐ、幼児用のバットとボールを持って近所の公園に移動して野球をやった。僕が野球をやらせたがっていることも彼はわかっていて仕方なく(?)やっているところもあるがまあいいだろう。最近は保育園でサッカーをやったらしく「うまくなりたい」とボール蹴りの練習をしたがる。もちろんすべて付き合うのだ。

そのあとはこれまた近所のオバマという海岸に行って砂遊びをした。帰りにアイスクリームを食べてご機嫌だ。

最近ランドセルが届き、すっかり小学校入学を見据えている。もちろん僕に実感などないけれど来年はいよいよこの地の小学校に進学だ。ついこの間まで「東京と島根、どっちの小学校に通わせるんだろうね。」「まだ先だからそのうち考えようよ。」などと夫婦で話していたのが昨日のことのようだけれど、あっさり江津の小学校に通うことになりそうだ。僕らの拠点がこっちだからまあ、それでいい。

先の自治会の行事のときに我が家が冬休みを二ヶ月とって島根を離れていることを知っているようで、お子さんが小学生になったら冬はどうするんだい?と聞かれた。僕らもまだ答えを用意していないけど、小学校を休ませて海外に出て行くのもいいと僕は決めはじめている。

多くの人にしたらありえない、まちがっていると言うかもしれない。たしかに例えば僕が小学生だった頃に学校を休むことなんて考えられなかったし、親は「学校はちゃんと行け」とよく言っていた。よくわからない力学が働いていて「行くのが当たり前」だったと思う。周囲を見渡してもそうだからおかしいとも思わなかった。

時代は変わって今はどうだろう。もしかしたらそういう当たり前だった価値観に従う必要はなく、我が家が思うようにライフスタイルをカスタムしていいかもしれない。これから先の未来はもっと大きく動くような気がする。何が正解かはわからない時代がやってくる。親が「守り」に入った思考をしていたら、。いやいや、そんな自分は絶対にいやだ。直感的に生きるしか僕はできなくなってしまったところもあるので、そういう方向へ行くんだろう。ユーモアと前向きな気持ちを持って。

 

Recent Posts