In Diary

出雲にある高級旅館のプロモ映像を撮りに早朝から出かけた。漠然とするイメージ、けれども求められるクオリティは低くはない。こういうクライアントを満足させることは容易いことではないけれど、超えられる壁だと思って取り組む。編集はこれから。喜んでもらいたい。

先週末は松江から友人女子たちが浜田まで来てくれて、夜中まで楽しくのんだ。ゲストハウス尾田家にみんなで雑魚寝した。友人と書いたけどもともとは仕事を依頼いただいたからクライアントだった。気づいたら飲み仲間になって、ここ一年の間でも結構な数で会うほど仲が良い。

2時間くらい仮眠するつもりがほぼ眠れずに翌朝5時に蔵庭に戻って荷物を積んでそのまま妻とSunday Market CiBOに出展した。(店はランチをできるだけの数にしぼって営業した。)

20店舗に満たないけれど、どこも質の高い商品を揃えた素敵な店舗ばかり。朝9:00オープンだけどすでにお客さんが待っている。蔵庭は「午前10時のバナナブレッド」と数々のスイーツ、そして僕は「生搾りジュース・バー」をやった。

これはVege&Forkでお世話になっている青果ミコト屋の真似だと正直言おう(笑。と言いつつ彼らから数日前にたくさんの柑橘類を仕入れさせてもらった。「生搾りをやろうと思って」と一応伝えた。同じくVege&Forkでお世話になっている栃木県の「森の扉」からも柑橘類を仕入れさせてもらった。彼らは目利きがよく、良質の商品をラインナップしている。

暑いこともあって飛ぶようにジュースが売れた。ほとんどお客さんは「贅沢だよねぇ。」と言ってくれた。甘夏や晩柑などたっぷり絞る極上の一杯で、目がさめるほど美味しい生搾りミックスジュース。忙しくて写真は一枚も撮れなかった。

僕はCiBOに出展している「ながせファーム」のアスパラは日本で一番うまいんじゃないかと思うほど感激していて、ミコト屋の山代くんに熱量高く伝えた。アスパラを専門的にやっている素晴らしい農家で蔵庭の食材としても買わせていただいている。超美味しいんだってば。

ふと思った。こうやっていい八百屋さんにはいい情報が届くんだろう。いい情報とはすなわちいい食材だ。彼らに取り扱ってもらいたいから言いたくなる。こんな風に彼らに伝える人は結構いるんじゃないだろうか。ミコト屋に扱ってもらったらちょっとしたブランド野菜になると思うし、彼らはそこのセンスが抜群にうまい。

そういう意味でもCiBOは展示会的でもある。毎月開催している素晴らしいマーケットでサイズ感と雰囲気がほんとにいい。

CiBOで買った野菜、オリーブオイル、その他食材いろいろ。

 

Recent Posts