In Diary

早朝にブリュッセルを出た。

昨晩は通りで酔っ払いが小競り合いしていたり、狂った叫び声をあげてる女性がポリスに連行されてるところを目撃したり、グラン=プラス周辺で安全地帯であるはずがちょっと治安の悪さを垣間見れた瞬間だった。夜中までバーで爆音がかかっていて周囲におかまいなしに騒いでいる若者がいる。ひとり旅だといいんだけど、家族旅行だとちょっと気になる。

僕らがステイしているアパートはおそらくオーベルジュではないけれど、階下にあるレストランが絶妙に美味しくてローカルの人(特に年配の方)に長い間愛されている感じがした。ベルギービールは定番の味が揃っていてグッド。息子が食べられるものとして全く期待していなかったボロネーゼとシーザーサラダがリピートしたくなるくらい美味しかった。(結局2回行った。ちょっと日本語で話してくれるところを見ると観光慣れしている店だろう。ベルギー人は観光客にあまり愛想を振り向かないとも聞いていたけれど。)

トランスファーの関係上、一旦スペインに戻ることに。バレンシアをさらに南へ行ったアリカンテという小さな町。空港自体もその周辺も開発中だ。

そうそう、ブリュッセル郊外にある観光地、アトミウムに行ってきた。1958年のブリュッセル万国博覧会のために建設された巨大なモニュメント。高さは103mで、「鉄の結晶構造(体心立方格子構造)」を1650億倍に拡大したものだという。60年くらい前にこんなものを作ろうと思って出来上がっていることに感嘆した。近未来的な、音楽でいうとクラフトワークみたいなエレクトロでサウンド演出したりするフロアがあって、嫌いじゃないわ、こういう世界観という感じ。

どうしても撮りたいエスカレーターのショットのために一人で足早に行ってきた。観光客向けにいきなりカメラマンがが入り口ゲートにゆるキャラと立っていて撮影されそうになるも、NO。こういう商売、ほんと嫌いです(笑。

旅は終わりに近づいている。我が家の冬の旅コンセプトに反してわざわざ寒いところへ。フィンランドはヘルシンキ。

 

Recent Posts