In Diary

年々時間の経過が早く感じるのは1年が「年齢分の1」だからだろう。10歳なら10分の1だけど40歳なら40分の1だ。言うまでもなく43歳の1年は早かった。

タイムイズマネー。絶対に取り戻すことができないもの。生き急ぐ感覚はないと思っているけど時間の使い方はとても大切だとつくづく感じる。いいと思う時間にゆったりたっぷり使い、そうでないものをいかにスルーしていくか。

「仕事、暮らし、お金、人間関係、健康」と、これ以外に大切なものはないし、人の悩みはほとんどここに集中する。例えば「モノ」で悩むなんてことはほぼない。というわけでセルフログとして振り返ってみる。

仕事:
今、自分の仕事の9割は島根で生まれている。東京は少々。僕のような仕事はなりふり構わず営業活動してやる仕事ではない、と思っている。エキサイティングなことに一度「こいつ、ないわ」と思われたら二度とリピートしてくれることもない業種だ。作ったものがすべて。常にそういう緊張感というか危機意識のもと取り組んでいる。だからやってておもしろい。そして最初から最後まで基本ひとりでやる。

将来的にクライアントワーク以外にも取り組んでいきたい。そう、自分で自分ブランドのコンテンツを作るのだ。セルフパブリッシュは必ずやると自分で決めた。まずは小さいことからはじめていこうと企画中だ。時間をかけて15分くらいの映像作品も作ってみたい。来年もどんな仕事と出会えるか楽しみだ。

暮らし:
出張と締め切りに追われていない限り、18:00には仕事を終えてそこからは家族と過ごしたい。お酒と夕食の時間。この時間がとても幸せなのだ。蔵庭周辺は本当に静かで自分たちだけの空間だ。

そしてクリスマス前にはカフェ営業を終了にして春まで冬季休業。家族であたたかい国へ数週間の旅に出ることを移住当初から決めている。僕はかろうじて仕事をするけど、国外でもできることはあるし、なんせ自分の作品づくりに役立つように工夫していく。今年もそういうイメージで過ごした。妻もこの期間でかなりリラックス&エンジョイできると思うし、このためにカフェをがんばっていると言っていた。自分を高めてくれるモチベーションは必要なのだ。

お金:
家族の旅、美味しいものを食べること、そして自分の仕事道具への投資。ほとんどここに費やしている。そこそこやれていると思うけど、我が家はお金が貯まらない。貯めるよりも何に使うかの意識の方がある。将来のために貯金なんて人生はごめんだ、と自分に都合よくいい聞かせている。

これはさっきの時間の概念にも関連する。時代はまだまだ変わる。老後の心配をするなら僕なら海外に居場所を作り、そこでまた何かをはじめたい。やっぱり人生は一度っきりなのだ。旅は人によっては「ただの娯楽と消費」かも知れないけれど、僕は子どもと未来の自分たちへの投資だと思っている。国際感覚や次のステージを見据えたらむしろ安いものだ。未来のどこかで必ず返ってくることを確信している。だから喜んでここにお金を使おう。

人間関係:
電話文化が薄れている現代社会は大歓迎だ。個人SNSをやめて3年くらい経つ。自分勝手と思われることもあるかもだけど、躊躇なくそうすることで人生が大きく変わった。人生は自分のものだ。主役は自分なのだ。僕らは人間関係の巨大ネットの中にいる。そこには無駄なものもかなりあることに一番気づいているのは自分だ。そこを脱することで未来は変わることを体験的に学んだ。そうすることで素敵な人と出会う機会が圧倒的に増え、今の人間関係は日々、実に清々しい。

これからも「バランスをとる」ことなく思うように人付き合いを続けていこうと思う。人間関係に悩む人も多いけど問題は相手にはなく、すべて自分次第です。

健康:
忙しいことに感けて運動不足な一年だった。太ってしまったし、ロケはともかく、デスクに10時間くらい座りっぱなし+移動は100%クルマ、と40代の運動不足は結構やばい。サーフ雑誌やmarkを買ってやる気を高めるという、。だめだな。メンタルが健康的なのはよしとしてフィジカルはあくまでフィジカル。

ロケ先で「あ、体力落ちてるな」と思うこともしばしばだ。カラダをそこそこ整えておかないとちょっとハードなロケに出たときにしょぼいのでこの冬はお酒をひかえめにちょっとカラダを整えることにも時間を使おう。

今年も仕事にプライベートに、楽しくさせていただいたみなさま、本当にありがとうございました。来年も本サイトとともにどうぞよろしくお願いいたします。

Have a happy new year!
Koichiro Toda

 

Recent Posts