In Diary

前乗りして翌朝8:00から撮影開始。バタバタと当日のアレコレに対処しつつ、一気に撮り続けた。今回のクライアントは自然エネルギーの開発に取り組む企業。

夜は親しみやすいローカルの料亭でおいしい日本酒と海鮮をいただいた。

この仕事をやっていてうれしいと感じる瞬間のひとつは仕事であるけれど旅ができること。いろんな地域におもむいてその土地の人と食にふれることができる。シマネプロモーションの三浦さんと一緒であることは楽しさにさらに拍車をかけている。

初日の夜は2:00近くまでワイワイしてしまい、次の日も朝から撮影、夜はおいしい食をまたもやごちそうしていただき、やはり1:00過ぎまでワイワイ。こうした時間を楽しめるのはなによりも自分のカメラワークすなわち撮れ高の達成感なのだ。(それを理由に正当化するのだ!)

よし!と思える撮影ができればこっちのものだというハングリー精神のようなものは忘れずに持ち続けようと思っている。

つがる、と聞くとりんご。(実際はメロンやスイカ、とうもろこしや山芋など8品目くらいを売り出している!)本当にきれいなりんご畑がそこらじゅうに広がっている。次回は春にもう一度この地を訪れる計画が立った。再会が早くも楽しみになっているこの気持ちはきっと今回の映像編集に表れるだろう。

Recent Posts