In Diary

関東甲信越、梅雨明け。夏日が続いたけどまさかそのまま夏になるとは。このまま秋が短く、すぐに冬がやってくるとなると四季ではなく二季になるではないか。四季折々という言葉はもはやなくなっていくかもしれない。僕が小学生の頃、9月5日くらいには夜が涼しくなっているのをよく覚えているが、今は下旬まで夏日が続く。南国化するニッポンとともに気になるのは水不足。

オーストラリア人が北海道のニセコの土地を買っているのはよく知られた話だ。もちろんリゾートライフ目的のために買うのではない。その目的は温暖化に危機感を抱いている人たちによる、水不足対策だと言われている。日本は水が豊かで、そこに目をつけている外国人は多い。ちなみに山陰も大山をはじめ水は豊富だ。(資源がある国はそれだけで価値があり、そう考えると日本は移住国対象として見られることになる。)

さて、まもなく7月ということで、蔵庭ブログと被りますが、宣伝PRのためこちらにも。

主催イベント2つ、出展イベント3つといつになく外に出て行く文月。中にはトークイベントで登壇したり、蔵でやる講義(2期目開講)もあったり、なかなか楽しくなりそう。まとめてあるので興味ある方はぜひ蔵庭のブログをチェックしてください。

いつもいうことだけど「楽しい人」と「楽しいこと」を追求していった結果こうなっているので、つまり全くがんばっていないのがいいんだろうと自分では思っている。蔵でやる音楽パーティの話も進んでいたり、できるだけイベント運営からは逃げたいと思ってはいるけどそうはさせてくれないのだろう。

これが40代らしさなのかもしれない、などと都合よく思っている。遮二無二やるのはもういい加減卒業して、自然の流れではじまるコトに委ねていく。

Recent Posts