In Diary

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが発売されるというニュースが目に入った。ニーズがあったとのことで素晴らしいスペックで登場するらしい。広い画角が可能、25600までのISOに対応、MFTレンズマウント、RAW収録、3D LUT、4つの内蔵マイク、4Kで60fpsまで、HDウィンドウで120fpsまで収録可能ってこれまでのBMPCC使う気おきないじゃないか。かなりよい仕上がりになっていてびっくり。プロダクトデザインはちょっとやぼったい印象だけど頑丈そうに見える。

これまでのポケットはISOと画角に不満、フルHD制限ということで自宅放置状態になってしまった人が多いのではないかと。vimeoで探してもBMPCCの映像って2013年くらいまでしかないし、停滞してた感あるから機動力欲しい人はこれからはPocketかも。今時のコンパクトなジンバルにのるんだったらかなりアリです。URSAジンバルはワンオペにはかなりきつい。それにしてもダビンチもブレイクしてるし、Blackmagic社が元気だ。これからもどんどん伸びそう。

そういえばバイロンベイのファーマーズマーケット行った時に偶然URSA4.6K使っている人がいた。(この人が撮った映像が見てみたい。)後に知ることとなったんだけど外人はフィジカルが日本人と全然違うからこういうリグを組んでカスタムしてもカラダとマッチするらしい。腕長いから使えるんだとかね。見た目が相当いいよねという話です。

 

Recent Posts