In Diary

仕事も終わったので写真展にいったり、行きたい場所に行ったりと相変わらずあっという間の東京滞在。ただのような金額で展示会に入れることができ、近代アートに触れることができるのは東京のメリット。島根に拠点がある今だからこそこういう機会に敏感になったのは間違いない。

昨晩島根で地震があって心配した友人たちがわざわざメッセージして気にかけてくれた。こういうことをしてくれる友人の印象は強くなるし、今度逆の立場だったときは気にかけてあげられる人でありたいと思った。(ベジフォークで来月東京に滞在するときは久しぶりに友人たちのもとへ会いにいこうと決めたのだった。のみたい。)

今朝から島根に移動。地震は起きた後も怖い。特に落石。蔵庭の近くは国道261号線があって市街に出るときのルートではあるけれど、山あいのような場所もあってこういうところはイヤな予感がある。なので遠回りしてでも9号線経由で移動しようと家族で話し合った。

自衛隊に要請するほど対応に追われている島根だが、そもそも島根の地震自体が珍しいことでもあるので慣れない人は多いはずだ。極度の災害や死者が出ていないのは何より。余震にも気をつけたいと思う。蔵オフィスの土壁は少しボソボソと落ちたようだが、ひとまず大丈夫でよかった。火災と地震には根こそぎもっていかられるから最悪だ。

それにしても改めて地震大国ニッポン。95年の阪神淡路や3.11で激変していく人々の価値観。どこにいても安心とは言えない。今を生きよう。

Recent Posts