In Diary

今回の東京滞在は5月のベジフォークの事務作業が主。毎度のことながら地味な作業を淡々とこなしていく。(来週には関係者みなさまにフライヤーを発送する段取りです。)

各所をまわりつつ、さすがにイベントも8年目だし認知はかなりされているように思うと同時に、厳しめに見てる人がいることも感じた。今までそういう情報があまり僕に入ってこなかったのは会場使用で大変お世話になった団体の会長のチカラだったんだなと思った。僕に余計なことを考えさせないように慮ってくれたのではないか。(まるで防波堤のように。)とにかく無事にVol.16を終えて次につながるようがんばろうと気を引き締めた。

ひとり出張をいいことにちょっといいお店で昼食をとったり、夕方友人と会う前にバーでビールをのんだり、こういうささいな瞬間に「自分が自由人でいる」ことを感じて幸せになる。

全面ガラス張りの高層アーバンビルで仕事をするシティライフにあこがれた時期もあったなあと表参道を歩きながら思い返した。ここに入る人と入りたくても入れなかった僕の差は何なんだ?とネガに感じたことはあったけれど、今は真逆のことを思ってるから人生は不思議だ。

ちょっとした仕事でお世話になったヨガティーチャーと話していたんだけど、ほんとにLIFE SHIFTにあるような長寿社会になったら組織に属していない僕らのような個人事業主は80歳現役なんて普通になるよね、とお互いを励ましあった。今から30年後、40年後、日本はどう変わっているんだろうか。社会をあてにせずに生きていける個人力を培っていかなきゃいけないんだけど、結構ワクワクする未来があると思っている。

カメラを持ってこなかったんだけど、たまの東京では撮りたい場面が結構あったので微妙に後悔した。一眼と重たいレンズはこういう移動には向いていないので適度なサイズのミラーレスが欲しくなる。

 

Recent Posts